三七(さんしち)又は田七(でんしち)


効能;血を巡らせながら傷口を止血するとされる

基原:ウコギ科のサンシチニンジンの根

性味:辛・苦・

帰経:肺・肝・脾・胃・大腸・三焦

処方例)コウ禅顆粒・雲南白薬など